[過払いの基礎知識] そもそも過払い金って何?

過払い金とは?

債務者、つまり借りた人が、金融業者に返し過ぎたお金のことをいいます。たとえばサラ金などで、法で定められた金利を越えた利息で、借り入れている場合があります。その時の支払った利息と、利息制限法で定められた利息との差額は、本来であれば払う必要がないお金です。でも、払ってしまっている。それが、「過払金」です。もちろん、その場合は取り戻すことができます。みお綜合法律事務所でも、毎月多額の過払い金を回収しています。大阪、京都を中心に多くの過払い請求の解決実績があります。

過払い金の請求実績例はこちら

過払い金が発生する仕組み

消費者金融(アイフル、アコム、CFJ、プロミス等)、信販会社・クレジットカード会社などの貸金業者が定める利率と、利息制限法の利率に差があるために、過払い金が発生します。気が付かなければ、払い損のままです。
貸金業者は、出資法の上限利率である29.2%はすれすれで守って貸し付けていますが、利息制限法の制限利率を上回る利率で貸し付けていることが多いのです。利息制限法の上限利率は、10万円未満でも20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と定めています。弁護士は、この利息制限法の利率で計算しなおして、過払い金を算定し、貸金業者から回収します。長期に渡って、過払いが続いた結果、とっくに返済が終了していたのに返済を続けていた、ということもあります。その場合には、貸金業者に逆にお金を貸していた、ということなるので、「過払金」に利息をプラスして回収することもできます。

過払い請求実績例

  • アコム
  • クレディセゾン
  • 三菱UFJニコス

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします

過払い金が発生しているかどうか、調査をためらう理由はなんですか?

▲ ページの上部へ