過払い金回収の実例・現状のご紹介

セディナの現状(旧オーエムシーカード/旧セントラルファイナンス/旧クオーク)

返還請求への回答は、統合後のカードの種別によって異なりますが、多くはまず、5%の経過利息を付けずに計算した過払い金額の返還を内容とする和解案が、セディナから提示されることが多いようです。
弁護士に依頼され、任意交渉ではなく、裁判を選択して勝訴すれば、経過利息を付けた満額を回収することが可能です。裁判は半年以上かかることが多いですが、結審後の支払いは比較的早く行われます。

セディナで過払い請求された方の実例

1

時効に間に合った2社など、計5社から430万円を超す過払い金を回収。

兵庫県在住Qさん(36歳・会社員)

依頼平成24年3月  解決平成25年3月

アコムなど消費者金融系と信販会社・クレジット会社系の計5社から借金。13年に渡って返済に追われ続け、いつまでも完済できないので、司法書士に相談。過払い金の額が、弁護士にしか扱えない140万円を超えると見込まれた為、弁護士に相談することを勧められ、みお綜合法律事務所の相談会へ。

結果

アコムとSMBCには平成15年に完済。過払い金請求の時効の10年に間に合いました。もう1社の完済分と残債務のあった2社からも過払い金が発生。信販会社からの借入は減らないと思っておられましたが、過払いにまでなっていました。

消費者金融名 残債務 調査、交渉の結果 取引期間
アコム 0円 112万円の過払い 7年
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 0円 105万円の過払い 8年
セディナ(オーエムシーカード) 59万円 80万円の過払い 13年
オリエントコーポレーション 59万円 60万円の過払い 12年
クロスシード(ネオラインキャピタル) 0円 80万円の過払い 10年

2

30年の借金人生から、一発逆転!

京都府在住ADさん(50歳代・会社員)

依頼平成24年3月  解決平成25年3月

消費者金融系、信販会社・クレジット会社系など計8社からの借金がありました。中には、24年の取引の後、3年前に完済したセディナ(オーエムシーカード)や、30年間取引を続けて62万円の残債務がある三菱UFJニコスなども。完済は、8年前に3社、3年前に1社で、残債務は3社で合計151万円でした。

結果

全社に過払い金が発生しており、交渉の結果、完済分の5社は合計277万円、返済中の3社は合計347万円の過払い金を回収。ADさんは、30年を超える借金返済の苦労から解放されただけでなく、まとまった金額が手元に戻り、まさに人生一発逆転!もっと早く相談しておけばよかったとしきりに後悔されていました。

消費者金融名 残債務 調査、交渉の結果 取引期間
ポケットカード(マイカルカード) 0円 19万円の過払い 8年
三井住友カード(三井住友VISAカード) 0円 85万円の過払い 10年
セディナ(オーエムシーカード) 0円 37万円の過払い 24年
アプラス 52万円 150万円の過払い 13年
三菱UFJニコス 63万円 157万円の過払い 30年
アイフル(ライフ) 37万円 40万円の過払い 13年
シンキ 0円 100万円の過払い 11年
アメリカン・エキスプレス・
インターナショナル・インコ―
0円 37万円の過払い 13年

過払い請求実績例

  • アコム
  • クレディセゾン
  • 三菱UFJニコス

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします

過払い金が発生しているかどうか、調査をためらう理由はなんですか?

▲ ページの上部へ