[過払いの基礎知識] 過払い金請求において大事なこと

契約書について

契約書に捺印した以上、その利息は有効、と主張されることもあるかもしれません。しかし、利息制限法は強行規定ですから、契約書という合意があっても、利息制限法の上限を超えた利息は無効です。

過払い金請求のために必要なもの

契約書や、取引の明細があると、スムーズに進められます。でも、もしもそれらがなくても大丈夫です。請求書や、返済の控え、銀行の通帳などがあれば、取引の証明ができるので、手続きが進められます。
また、貸金業者に取引の履歴の開示を請求することもできます。自分でも、わかる限りの資料を揃えて、弁護士に相談することをおすすめします。

消費者金融、サラ金だけではなく信販会社も対象

消費者金融(アイフル、アコム、プロミス、武富士等)、サラ金だけが、過払い金請求の対象になるわけではありません。
意外と多いのが、キャッシング信販会社系)。ショップで手軽に作ることのできる、クレジットカードのキャッシングは、思いのほか金利の高いもの。ついついカードでキャッシングを重ねて、自覚のないまま借金をしてしまったという場合もあります。請求書などの明細を、一度じっくり確認してみてください。

いちばん大切なこと

過払い金は、必ず発生する、取り戻せるとは限りません。でも、借金の苦しみを、解決する方法はあります。もう、どうにもならない、と思いこまずに、まず弁護士に相談してみてください。債務整理も弁護士の仕事のひとつです。最終手段として、自己破産や再生という方法もあります。(参照サイト:わかる借金とまる借金)

命は、お金に替えられるほど、軽いものでは決してありません。生きていくことができないと思うほど苦しいのなら、その借金を解決してしまえばいいのです。リスクもあるでしょうし、簡単ではないかもしれません。でも、必ず気持ちはラクになります。あなたが生きていくために、弁護士はお手伝いします。
みお綜合法律事務所では、大阪、京都を中心に過払い請求問題を多数解決しています。

過払い金の請求実績例はこちら

過払い請求実績例

  • アコム
  • クレディセゾン
  • 三菱UFJニコス

お迷いなら、まずは無料相談をお試しください

面談で
ご予約はこちらから 
電話で
0120-7867-30
チャットで
チャットを立ち上げる 
過払い金があるかどうか お調べします

過払い金が発生しているかどうか、調査をためらう理由はなんですか?

▲ ページの上部へ